• HOME
  • >
  • 基本方針・特色

長年の医学部・歯学部受験指導の経験から言えることは、高等学校までの成績がどうであれ、一年間着実な努力を続けることができれば、難関といわれる医学部合格も決して不可能ではないということであります。受験生の可能性を最大限に発揮させるには、いかに希望と努力を持続させるか、また、いかに脱落を防ぐかが、私たちの最大の課題です。


学力別の多段階・少人数授業。
英語・数学・理科の授業は、学力別に多段階に分かれた少人数クラスによる授業で行われます。教師は生徒一人ひとりを把握し、質問応対や答案のをチェックしながらの授業を進めます。なお希望者には個人授業を行います。
「授業+ゼミ」システム。
多段階授業の幅をさらに広げるゼミナールです。授業の理解に余裕ある生徒にはより高度な演習を、進度の遅れている生徒には完全に理解することを目的に、さらに少人数でのグループ学習を行います。第3期には、弱点補強のための分野別(テーマ別)ゼミや、志望校別の入試対策ゼミなども実施します。


九州・福岡の医学部専門予備校 新生学寮 学力に合わせた段階別クラス
午前・午後
学力に合わせた段階別のクラスで講義を行います。習ったことをすぐに反復学習。講師との質問応対を通じて学習内容のチェックを行います。
授業夜間
夜間
チェック授業で習得度を確認します。自習し解らない所は講師へ質問。苦手分野はグループゼミ(3〜5人位)を通じて克服していきます。なお、希望者には1対1の個人指導制度もあります。

授業中心の学習。
志望大学の入試に必要な知識は全ての授業とゼミで与えられます。昼間の授業が年間35週、さらにゼミ等の夜間指導を加えると、一般予備校の数倍の授業時間数になります。 したがって授業以外に自分の計画で自学自習する必要は全くなく、授業のみに専念しそれを完全に消化することに全力を傾ければよいのです。
繰り返し学習とテスト。

新生学寮のもう一つの柱は「繰り返し」です。学期のの構成(1期→基礎力養成、2期→応用力構成、3期→実践力練成)自体が繰り返しですが、各期の中でも「授業→定期テスト→模擬試験」が繰り返し行われます。毎日の授業は演習を多く取り入れ、その場で理解度を確認できりようにしています。夜間自習では指導講師がつき、その日の重要ポイントを押さえた復習課題で繰り返し徹底徹底していきます。また、毎朝行われる朝テストも、この繰り返し効果に有効に機能するプログラムとして実施しています。

九州・福岡の医学部専門予備校 新生学寮 一般予備校の数倍の授業時間数九州・福岡の医学部専門予備校 新生学寮 一般予備校の数倍の授業時間数

担任制による学習・生活指導。
志望校合格の目標を共有しサポートする担任として、医学部・歯学部受験指導に長年の経験を持つ専任教師が担任します。全寮制予備校の特性を活かし、昼夜にわたって学習面・生活面においての指導をおこなっています。学習方法や様々な相談に対して豊富な経験に基づくアドバイスで応え、弱点科目や強化すべき科目について、各教科講師と連携し有効な対策を講じていきます。また学習・生活の様子は、出欠状況や各種テスト結果、生徒との面談等の報告を、定期的にご家庭へお送りし、ご家族との連携を緊密にしていきます。


新生学寮 医学部・薬学部 合格体験記新生学寮 医学部・薬学部 合格体験記

 

新生学寮ブログ新生学寮ブログ